メンテ不要の植物

今年は梅雨入りが遅いそうですねー!!

今日の天気予報で、もうすぐ梅雨入りってアナウンサーのお姉さんがコメントしていました!!


いつもはジメジメ、蒸し暑い6月ですが、今年は過ごしやすい、そんな気がしています。


さて、我が家には「生き残れる強い植物」たちが数種類います。


なぜ「生き残れる強い植物」なのか。

それは、私がメンテナンスを怠るからですw


しかも「メンテナンス」とかカッコよく言ってますが、単に水をあげ忘れる。

というそれだけの手間のことです。


そんな私が唯一、放置してても大丈夫だと太鼓判を押す植物。

それは

紫陽花!!


実家から株分けしてもらった紫陽花を雨の日に地植えしたんですよ。


初めはすごく小さかった紫陽花ですが、みるみる大きくなって、今ではお隣の領域を侵していますww

もちろん、すぐにカットするんですが、追いつかないほどの生命力!!


先程、地植えしたと言いましたが、その地植えの場所もふかふかの土の上ではなく、石がゴロゴロしてる悪環境の土。


植えときながら、『よくこんなとこで育つなぁ。。』とリスペクト。


初めは青だったはずの紫陽花、いつのまにかピンクに変色しました。

我が家の土地はアルカリだったか、酸性だったのか、わかんないですが、美しいのでそれはそれで。


そんな強い生命力を感じながら、そこにあるものの大切さや愛おしさ、その感情を大切にしたいなーーーっと思います♫


大切にしたい形見の品

 

先日、住民が400人を切っている祖父の母屋から形見として譲りうけた品。

大切に床の間に飾られていた『香炉』

 

………コレナニ色???( ;∀;)

ってくらい緑と黒に変色してしまっていました。

 

親戚人からも

「そんなモン、持って帰ってどうすんねん??」

「ってゆーか、それナニ??」

「古いもん、すっきゃなー」

 

などなど、言われっぱなしで我が家にやってきた古い香炉。

 

モノは試しに…とキッチンのクリームクレンザーで磨いたところ、うっすらと美しい銀が顔をだした!!

けど、めっちゃ力いる。。。

ぜんぜん銀色出てこーへん。。。

 

ごそごそと真鍮ブラシ(たわしの1000倍かたいやつ)を出してきて、ひたすらごしごしごしごし。

ぜったいにキズついてるやろうな。。と思いながら必死。

 

合間の時間に磨きだして3日目。

気付いてしまった。

 

祖父がこの香炉と過ごした何十年もの歴史を私はそぎ落とそうとしていることに( ゚Д゚)

 

とゆーことで、中途半端な美しさと共に、綺麗な銀色に戻すことをやめました!!

せめて、磨いて艶はとりもどしたい!!

 

と自分に言い聞かせて、綺麗にすることを諦めたのでした♥

昔夏着物で玉屋 夢二のように 主催:Yuya collection 8/8びわ湖大花火大会in三井寺

JUGEMテーマ:花火大会

今年のびわ湖大花火大会は『いつもとちがうあなた』に変身しませんか?


Yuya collectionといえば、2005年に大ヒットしたハリウッド映画『SAYURI』の全衣装を手掛けた永幡雄哉が主宰するコレクション。

 

大正、昭和初期に作られたアンティーク夏着物をYuyaがあなたのためにコーディネートします。

 

当日はプロの着付師、美容師の手で時代を超えた『粋なあなた』に大変身!!
特別な夜を、いつもと違う、特別なあなたに。
男性参加、大歓迎!!!


【スケジュール】
13:00~ 着付・ヘアセット 三井寺仁王門前レストラン風月2F
(時間はお申し込み時にお知らせいたします。)
17:30~ れすとらん風月名物の精進懐石ディナーをお楽しみください。
19:30~ 花火大会開始
(終了次第、各自解散 お着替えは風月2Fにて。着物のままお帰りの場合は後日返送してください。)
お帰りの交通機関はかなりの混雑が予想されます。お時間にゆとりをお持ちください。



【料金】
Yuya collection昔夏着物レンタル
着付・ヘアセット・お食事込み  ¥25.000

Yuya collection昔夏着物レンタル
着付・お食事込み        ¥20.000

花火大会観覧・お食事のみ    ¥6.000


【申し込み締切り】令和元年 7月31日(水)


【お振込先】 ゆうちょ銀行 
       記号:14690
       番号:16770601 ハットリ チグサ

【申込み・お問合せ】 Yuya collection事務局 服部千草 
           080-6140-3620 (10:00〜17:00)
         メール:yuya.collection.kimono@gmail.com

【永幡雄哉 プロフィール】
ファッションデザイナー・アンティーク着物コレクター。大正・昭和初期に作られた、価値ある貴重なアンティーク着物の保有枚数は万を余裕で超える。
Yuyaが衣装提供したハリウッド映画『SAYURI』はアカデミー衣装デザイン賞を受賞、2018年には「歴代おしゃれ映画ベスト7位」に再び選ばれる。
ハリウッド映画『SAYURI』はチャン・ツィイーや渡辺謙が出演、注目を集めた世界的ヒット作品。(スティーブン・スピルバーグ製作、ロブ・マーシャル監督、日本人出演:渡辺謙、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴 他)


http://fu-getsu.com/
〒520-0036
滋賀県大津市園城寺(三井寺)246 れすとらん風月
・JR大津駅(東海道本線)より車で10分
・JR大津京駅(湖西線)より車で3分
・浜大津港(汽船のりば)より車で5分
・京阪電車三井寺駅、別所駅より徒歩5分
三井寺(園城寺)直営駐車場あり(1日/500円)

主催:Yuya Collection

令和元年6/1 伝統文様研究家 成願義夫先生の『着物の模様にはなぜ意味があるのか』

JUGEMテーマ:着物 着付け

 

京都二条城南


その昔 平安京大内裏に接して作られた禁苑。

美しい池にのそばには龍神さまが。

 

素晴らしい日本庭園の横に佇む、神泉苑平八にて開催されました、

『着物の模様にはなぜ意味があるのか? by YUYAコレクション』

 

 

着物に描かれた素晴らしい世界を、伝統文様研究家成願 義夫先生が、

アンティーク着物コレクター永幡 雄哉の数ある素晴らしいコレクションを見ながら

その時代背景・その時代に生きた日本人の知恵や情、生き方が写し出されていると仰います。

 

 

 

 

夏着物を素肌にさらりと着る、粋なお着付け。

 

 

 

当時のお金持ちのお嬢様がお召しになっていたんでしょうね♪

 

 

 

今回、スタッフとして参加させていただきました。

100年前の時代、日常を楽しむ女性の着物姿を想像しながら、永幡雄哉監修の元、講座用のボディにお着つけさせていただきました。

次回は初秋の頃の開催予定です♡
 

各方面の第一線で活躍されている先生方も多数ご参加される、本当に価値ある和文化講座です。

明治の写真から学ぶ着物の在り方

【竹久夢二が生きた時代の着物スタイリングを再現したい。】

夢二が生きた時代、明治から昭和初期。

その頃を生きた人々の白黒写真を見て、着付け方やスタイリングの勉強をしています。


今と違って、その頃は「着物が日常着であった」ことがとても良くわかりますよ!!


衿や胸元など、今のピシっとした美しさではなく、ゆるく、でも色気ある。そんな着方ですよね。

帯板も入ってない。

帯締めは裾をまくるためにも使われてる。


全ての小物には使い方の理由があるんですよね。



夢二の絵から学ぶ着付けは、頭をフル回転させ、【着物とはこうでなければならない】の概念はぶっ飛ばされますww

面白い🤣

着物の柄には、なぜ意味があるのか?by「YUYAコレクション」

JUGEMテーマ:着物 着付け


今週末、6/1(土)の開催となりました!

成願義夫先生とYuya Collection主宰の永幡雄哉先生が共同主催される、ビッグイベント!!

着物関係者やWEBデザイナーの方にも是非ご参加いただきたい講座です。

講座はもちろんのことですが、『神泉苑平八』の魅力も素晴らしいのです♪

こちらもぜひ♡

 

 

以下、FBで告知されている、イベントのご案内です♪

『YUYAコレクション(アンティークキモノ)の着物の図柄を楽しみながら『着物などの伝統文様にはなぜ意味があるのか?』を成願が解説いたします。

[YUYAコレクションについて]
アカデミー衣装デザイン賞を受賞した、映画『SAYURI』の衣装が、2018年「歴代おしゃれ映画ベスト7位」に、再び選ばれました。
ハリウッド映画『SAYURI』は、チャン・ツィイーや渡辺謙が出演して注目を集めた世界的ヒット作品です。(スティーヴン・スピルバーグ製作、ロブ・マーシャル監督、日本人出演:渡辺謙、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴その他)
この映画に登場する着物は全て着物コレクターの永幡雄哉氏が所有するものです。
YUYAコレクションの着物は、主に大正時代から昭和初期にかけて作られたアンティークです。
当時の着物は特に一点物が多く、その時代の気分が色濃く着物の色柄に反映されています。どんな人が何の為にこの着物を作らせたのか?想像するだけで楽しくなります。
そして、着物に描かれている図柄には意味や謂れがあります。それはまた、着物に込められた先人達からのメッセージとも言えます。

今回は、伝統文様研究家の成願義夫がSAYURIの衣装に使われた着物をご覧いただきながら、皆様と共に着物に込められた先人達のメッセージを読み解き『伝統文様にはなぜ意味があるのか?』を解説させていただきます。
楽しいひと時をお過ごしいただければ幸いです。

時:令和元年(2019年)6月1日(土曜)14時〜17時(途中ティータイムあり)
受付開始:13時30分
所:『神泉苑平八』 京都府 京都市中京区 御池神泉苑東入門前167
電話: 075-841-0811
参加料:3,000円 当日会場にてお支払いください。
定員:60人
服装:自由
途中、休憩時間(ティータイム)を挟みます。

参加申し込み:成願義夫のメッセンジャー(このページのタイトルの下の主催者、成願のページから)か、又は以下のメールにてお申し込みください。 jogan@wagara.org
メッセージまたはメールの件名には必ず『YUYAコレクション』とお書きの上、参加人数、お名前、当日連絡のつく携帯電話番号(複数でお申し込みの場合は代表者様の番号)をご記入ください。

お申し込みは先着順です。
お申し込み時期が遅くなった場合、キャンセル待ちも受け付けます。

●会場は椅子席です。

●前回、別の会場でしたが、マイクを使わず後ろのお席の方に声が届かずご不便をおかけしました。今回はマイクを使用しますので、ご安心ください。

●対象者:着物愛好家。和柄や和風デザインに興味がある方。着物に携わる仕事をしている方、目指している方。


解説者:成願 義夫(ジョウガン ヨシオ)
伝統文様研究家、デザイナー、株式会社 京都デザインファクトリー代表取締役
伝統文様解説者&アドバイザーとしてテレビ出演(テレビ朝日)
その他、解説者&プランナーとして様々なイベントに協力。
受賞多数。英国ウェールズ国立博物館に成願のデザイン永久保管。

着物提供:共同主催者
     コスチュームデザイナー永幡 雄哉(ナガハタ ユウヤ)
     YUYAコレクション

協力:神泉苑平八

当日、雑誌、新聞、テレビ等の取材をご希望の方はご連絡ください。

 #成願義夫 

春を楽しむ東福寺

最近、かなりの頻度で京都に出没してます❤


この日は。。

烏丸御池でのお仕事。


そのお話はまたの機会に❤



実は、伏見稲荷大社近くにあるお師匠様のところは行くために、外国人観光客の皆さんに紛れて「京都〜伏見稲荷駅」まで二駅だけ電車に揺られています。


京都👉東福寺👉伏見稲荷


なので、いつも「東福寺」は降りない駅なんですよね。


先日、たまたま東福寺の前を来るまで通ることがありました。

といっても助手席に乗せていただいてたのですが(^^)


ふと見ると、青々とした紅葉が美しい!!

紅葉の季節は人でごった返すそうですが、今の季節、(その上、閉館後の17時!!そりゃ人少ないww)

すごく人が少なくて、ゆーーーったりと青く美しい紅葉を楽しむ事ができました♫


東福寺って、相当広いそうなんですよ!

今度は1日かけて、ゆっくりと楽しもうと心に決めました❤



演出できる自分を作るんです!



最近着物に興味あるっていう人が増えてますね!


「着てみたい」という「若い人」を多く感じます!!


もはや平成生まれのひとはレトロじゃなくて「New スタイル」な感じもあり。


京都の駅前で、「きれい。。」ってささやき声が聞こえたりして。。

もちろんわたしじゃない「キモノのこと(笑)ですけど」


「いつか着てみたいと思ってます!!」

っていうひとも右肩上がりで増えている、そんな傾向を感じます(*'▽'*)


「興味はあるけど、なかなか機会がなくて。。」

っていうひとも多く感じますね!!


「わかるなぁ」わたしもそうだったから。。


わたしの場合は着付けの先生から「いつか」や「着る機会」なんてのは作るもんですよ。

と教わりました!

いっそ普段着にしてしまえって感じで、

日々着ています!


PTAの会合もキモノで行こうって思ってます(*^^*)


自分で着たい方は「着付けも楽しい」ですよ!


どうしたら「極妻」みたいになれるか、

どうしたら「舞妓さん」みたいになれるか。

なんて「演出できる」のも「キモノ」の魅力です❣




【平成】から【令和】に元号が変わりました。

あなたも【今までのジブン】から【着物を着て新しいジブン】を発見する

「楽しい世界」に踏み込んでみませんか?


和の伝統衣装を身にまとう、喜びや幸せの入り口をご案内しますね❣

だから『アンティーク』なんです♪

kimonoイベント #楽さび会


お隣の滋賀に住んでるのに、知らないことだらけの京都。

下鴨神社に上賀茂神社、南禅寺と巡る中、ふとした瞬間に、

「自分が今、着物と関わっていることは必然であった」と再確認した珍道中。

 

京都に比べ、滋賀は「着物を着る」ということが少ない。


そのためか、滋賀で着物を着ていると、けっこうな目線を感じます。


普通の着物でも感じるけど、アンティークで全身を揃えた日にゃ、撮影??って勘違いされるほど笑
もう慣れたけど。

 

 

古から伝わる、伝統の色や柄、織り方をモロに肌で感じるアンティーク着物は、今やタンスに持ってる方は少ないでしょうね。

そして、今後作られることはありません。


だからこそ、アンティークの良さを知って欲しいし、感じて欲しい。

 

 

「着物が特別ではなかった時代に生まれた着物」

 


なんでも作れる今の時代、逆に作れないモノの1つである、アンティークと呼ばれる着物。

 

貴重ですし、レンタルも高い。


でも、それを上回る価値がある。


それを分かって頂ける方にご提供したい。


そう思います❤︎

【乙粋のススメ】

JUGEMテーマ:相撲

前回の夏巡業はあっという間に完売。


大人気ですね❤︎

 

夏は暑い!!


けれども、そこを着物でピシっと決めて草津巡業を観に行くってぇのも「乙で粋」❤︎

 

着物を着ることで、歳を重ねるごとに立ち居振る舞いはより一層華やかに輝き、際立ちます♫


どんなシーンにも艶やかに着物を纏う。

 

着物を着てみたい方、どうぞご相談くださいませ❤︎


【なりたいアナタ】
にもなれるし、
【知らなかったアナタ】


を発見することもできますよ❤︎


難しく考えないで、まずは着物を楽しみましょ👘

 

※着物のレンタル、販売が可能です。


スタイリングや小物販売もお任せください❤︎


アフターフォローもお受けしております❤︎

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:2人、テキスト